3D CAD導入支援サービスの必要性。利用メリットは?

3D CADの導入を検討しているが何をしたらいいのか? まずはソフトをインストール。続いて操作のトレーニング。3D CADが操作できるようになった、これからは全部3D CADで設計をしていこう! 意気込んで業務に使ってみます。しかし、いざ業務を開始すると、設計手法やデータ管理手法の違いなどさまざまな問題が出てきます。それではと効果的な運用方法を構築するため、現状の2D CADでの業務の合間に試行錯誤。なかなか運用方法が確立できず時間ばかりがたっていきます。結局元の2D CADでの設計がそのまま続き、3D CADの導入を断念。よくある導入の失敗例です。3D CADの導入には会社全体での意識改革や導入プロジェクト管理が重要なポイントとなります。そして、導入をより早く、より効果的に行うために3D CADシステム立ち上げ経験のあるエンジニアの存在も大きな助けとなります。今回はSCSK株式会社デジタルデザイン部シニアエンジニアの長谷川光弘氏に3D CAD導入支援サービスについてお聞きしました。

そもそも3D CAD導入ではどのようなタスクが発生するのか。

では、実際に3D CADを導入するにあたり、どのようなタスクが発生するのでしょうか? 長谷川氏によれば、一般的に以下のようなタスクが発生します。

  • 各部門の現状の問題点を洗い出す要因分析と、新たなシステムでどのようにそれを解決していくかの解決策検討。
  • 3D CAD導入によりどのような効果を出すのか、いつまでに効果を達成するかの目的、目標設定。
  • 3Dモデル内のプロパティ情報と、出力された図面枠内の表題欄との連携。
  • 独自材料を含めた各材料の質量等の情報をシステムに登録する材料設定。
  • 各社の製図規格に合わせて画層、仕上記号等の設定を行うスタイル設定。
  • 全体の大きさや形を決めた後に、個々の部品を設計していくトップダウン設計手法の検討。
  • モデリング方法や検図承認フローなどの3次元設計およびデータ管理ルールの作成。
  • 組み上げられた3Dモデルと部品リストを連携させる仕組みの構築
  • モデリング工数削減のためのライブラリデータの作成。
  • 3次元設計の自社手順、手法を記したマニュアルの作成。
  • 本格運用の前に構築した仕組みに問題がないかチェックするパイロットプロジェクトの運営。

3D CAD導入を成功させるためには、これらのタスクを計画的かつ確実に処理していく必要があります。しかし、各タスクには細かい作業や検討事項も多く、今まで3Dの経験のない社内の者だけでは大変時間がかかります。3D CAD導入支援サービスでは、経験豊かなエンジニアが3D CAD導入に関する初期フェーズの進め方、仕組みを構築する指導、問題点解決のための支援等を行います。これにより、より早く、効果的に導入を進めることができるようになるのです。

3D CADの初期フェーズはおよそ6か月。導入支援の流れ。

次に長谷川氏に実際の導入支援の流れをお聞きしました。長谷川氏によれば、3次元設計のメリットを感じられるまで通常3年ほどかかるそうです。そして、3D CADシステムが業務として使用可能となり始める初期フェーズには、各社の状況にもよりますがおよそ6か月かかります。

初期フェーズの導入支援の流れとしては、第一段階としてソフトのインストールや、基本的な操作方法のトレーニングなどが行われます。1か月ほどして基礎的な部分が終了したら、いよいよ本格的な導入を目指しての各タスクが進められていきます。まずは環境構築支援として、現状のワークフローのヒヤリング。運用支援として要因分析と解決策検討、および目的目標の設定が行われていきます。順次、ソフトの環境設定や部品表の作成などが行われ、初期フェーズ開始から3か月ほどしたところで、さらに設計ルールの作成や運用マニュアルの作成などが進められます。こうして6か月ほどで実際の運用に近づけていきます。

導入支援を行うエンジニアは、これらの各タスクを進めるための指導や問題解決の支援だけにとどまらず、3D CAD導入に係るプロジェクト全体のリードや管理などにも関わります。また、3D CAD導入には社内全体の考え方を変える必要があり、各部門間との調整にも係わると長谷川氏はいいます。プロジェクト全体を見渡し、きめ細かく導入の手助けをする。それが3D CAD導入支援サービスなのです。

まとめ

このように、さまざまな導入の手助けを行う3D CAD導入支援サービスですが、エンジニアの力だけでは導入を成功させることはできません。長谷川氏は、導入支援サービスをより効果的に活用するためには、プロジェクトリーダーの存在が重要であるといいます。導入においては、実際に3D CADを使用する設計部門だけでなく、製造、管理、営業部門などさまざまな部署からの反発もあります。後編では、長谷川氏が実際に係った成功事例を紹介しながら、それらの点について掘り下げていきます。

参考: