「VREDで構築する、マルチVR環境」(前編)

デザインレビューの現場を変える、新システムの誕生

製造現場において、VR(Virtual Reality:仮想現実)が果たす役割は、日増しに大きくなってきています。そんな現状の中、より効率的で感覚的な製造環境を実現するための試みが続いています。例えば、オートデスクが提供する3Dビジュアライゼーションソフトウェア「Autodesk VRED(以下、VRED)」の存在。プロダクトモデルのレンダリングやデザイン レビュー、バーチャル プロトタイプの作成に役立てるこのソフトは、特に自動車のデザイン部門や、それに関連するマーケティングなどに携わる部門において不可欠と言っても過言ではありません。

このVREDを活用した新しいシステムが、また一歩デザインレビューのあり方を変えることになるかもしれません。SCSKが開発した新システムは、VREDと、ヘッドマウントディスプレイ型のVRシステム、「HTC Vive」を用いて、別の場所で作業する複数のスタッフが、同時に同じVR空間を共有しながらデザインレビューを行えるというもの。これによって、レビューに関わるスタッフが、離れた場所に居ながらにして同じデザインを見て、立体感も含めて疑似体験しながら作業することが可能になります。また、没入型VR環境での作業は、実車さながらのデザインモデルの外装から内装までを、実際に触れるかのように感覚的な検証することが可能ですから、このシステムの導入によって、作業効率がアップするだけでなく、細かな感覚を共有することもでき、検証過程でのコミュニケーションのミスも極力軽減することができるはずです。この新システムは、多くの自動車製造業者が待ち望んでいたものではないでしょうか。SCSKで「VRED コラボレーションシステム」を担当する岸元睦さんと阿部大如さんに、お話を伺いました。

新しいシステムが生み出されたベースには、VREDのアップデートが大きく影響しています。「VRED 2017 Professional」では、既存のヘッドマウントディスプレイ型のVRシステム「Oculus Rift」に加え、「HTC Vive)」もサポートされました。ヘッドマウントディスプレイの活用の幅が広がったことで、没入型のヴァーチャルレビュー環境がより身近なものになり、これまでのようにモックアップや平面のデザイン図に頼らざるを得なかったレビューの現場が一新。より正確で感覚に基づいたレビューができるようになりました。

そこで発生したユーザーのニーズは、「複数の人間が、同時に仮想空間でのレビューを行いたい」、「遠隔地にいる人間も、ネットワークを通じてレビューに参加したい」というもの。本来、複数のスタッフが関わって進められるのがデザインレビューのあり方ですから、このニーズは理にかなったものです。

オートデスクでも、VREDとヘッドマウントディスプレイの組み合わせによって、2人同時にVR空間を共有できるデモスクリプトを公開していますが、SCSKに寄せられたニーズは、3台以上のヘッドマウントディスプレイを使用して、デザインレビューをしたいというものでした。そこで、オートデスク提供のデモスクリプトを解析し、開発が進められたのが、3台以上のViveを活用し、多拠点での同時デザインレビューを可能にした『VRED コラボレーションシステム』というわけです。

 

後半に続く

【関連情報】


『モノづくりスペシャリストのための情報ポータル MONOist』
プロフェッショナルVRソリューション:
デザインレビュー新時代、VR空間で行うコラボレーションとは
http://monoist.atmarkit.co.jp/mn/articles/1702/01/news007.html
——————————————————————